商売で生き残るためのオムニチャネル

new information

category

calendar

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

オムニチャネルとは何か?

今やネット上での買い物「EC」と呼ばれる方法が広く普及し、
多くの方が持っているスマートフォンで軽く検索、ショップで購入のボタンを押すだけで買い物が出来てしまう時代となりました。
そんな時代に各企業が率先して取り入れようと動いている方式があります。
それが「オムニチャネル」という概念ですが、どういったものなのでしょうか?

これまでは店舗に行くしか購入方法が無かった「シングルチャネル」でしたよね。
それが通販やネット上のECサイトでも購入が出来るようになった「マルチチャネル」となりました。
これはオムニチャネルの仕組みと良く似ていますが、それぞれが独立、分断されており、相互互換がなかったのです。
一方オムニチャネルは全てが相互リンクをしているように繋がり、顧客情報から購入したい商品の在庫、
そして購入品の受け取り場所まで全てが自由に選択出来る、消費者のライフスタイルや状況、求めに応じて
自由自在に対応出来るのがオムニチャネルの特徴なのです。
オムニとは英語で「全て、あまねく、あらゆる」と言う意味を持っていますから、
まさに「全て」の「流通経路」が繋がっている円環となったシステムなのです。
もちろん導入までにかかる労力は尋常ではありませんが、それに見合った快適さや便利さがあるため、
顧客の増加はもちろん1度ついた顧客を掴んで離さないことは間違いないでしょうね。

実店舗が生き残るための方法

オンラインで一躍有名になった個人事業主が要る中で、実店舗の売上をキープするにはオムニチャネルの秘策を役立てることが重要です。現在は実店舗で扱う商品をインターネットで販売しており、両方の手段を上手く使いこなすことが鍵となっています。またビジネスにおけるスタイルも多様化し、ひと世代前に流行った方法以外に新しいアイデアを発掘していく必要が出ていきます。オムニチャネルは度々登場している言葉ですが、モノをいかにして売るかが商売人にとっては大事な内容となります。
業界で生き残るには、円滑な人間関係が重要です。それに加えブログやメールマガジン等で宣伝を定期的に行う必要があるため、店長の人柄や夢を多くの消費者へ知ってもらう活動が不可欠となります。あらゆるニーズへ対応させるには、消費行動を分析するといった投資が大切です。
オムニチャネルでもう一つ大事なポイントは、リピータ率を上げることです。実際に購入した人にもう一度サービスを利用してもらう努力をすることで、顧客満足度の数値を高める内容へ結びつきます。さらに店長自らが広告塔になった売れ筋商品を説明する動画も流行っていて、モノをどのように売るかという内容が重大な局面となっています。

sub menu

2017年10月18日
商売で生き残るためのオムニチャネルを更新しました。
2017年10月18日
オムニチャネルについてよく知るを更新しました。
2017年10月18日
高齢者にもメリットが多いオムニチャネルを更新しました。
2017年10月18日
販売者側の効率が良くなるを更新しました。