販売者側の効率が良くなる

new information

category

calendar

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

オムニチャネルによる小売りの変化

インターネットショッピングが普及しはじめたころ、実店舗での商品購入と、インターネットを通じた商品の購入は、顧客層もニーズもそれぞれに異なる、まったく別の商取引の方法であると考えられていました。ところがその考えは、大手インターネット通販サイトが、ちょっとした日用品や食品など、スーパーでも買えるような品物にまで手を広げ、インターネットショッピングだけで必要な買い物がすべて終えられるような体制を整備したことによって大きく変化しました。
インターネットを通じての商品販売を、実店舗での商品販売と同様に、売り上げの大半を担う重要な流通経路(チャネル)として考える必要がでてきたのです。それをきっかけに「オムニチャネル」の考え方が浸透し、各企業は実店舗に蓄積されていた顧客情報をインターネット販売にも活用したり、在庫を一元化してムダをなくしたりするといった取り組みをおこなうようになりました。
今ではユーザーも小売業者も、商品を購入したいなと思ったときには、電話注文やインターネット通販、実店舗での購入など、あらゆる流通経路の中からいちばん便利なものを選んで、買いたいものや売りたいものを漏らさず購入、販売できるようになっています。

オムニチャネルの考え方

インターネットでのユーザーと小売店とのやりとりが一般的になりはじめたころ、ある商品の在庫は、店頭用とインターネット販売用の2つに分けて保管されるのが一般的でした。そのため、実店舗ではカンタンに購入できる商品が、インターネット上では頻繁に在庫切れになっていたり、逆にインターネットで買える商品が、同じ企業の実店舗では購入できなかったりするといった事態がよく発生し、在庫が宙に浮いてしまうことに悩んでいた商品管理者も多かったようです。
それを解決したのが、実店舗での商品販売と、インターネットを通じての商品販売の2つを、流通経路が違うだけの同じ商取引だと考える「オムニチャネル」の考え方でした。在庫の管理を一元化し、店頭にある商品は常にインターネット販売でも購入できるように、また逆も同様にすることで、ユーザーが実店舗とインターネット販売というどちらのチャネルを使った場合でも、同じだけの効用を得ることができるようになり、在庫管理の手間も減らすことに成功しました。このように、異なるチャネルの間にある垣根をなくすというオムニチャネルの考え方は、ユーザーにも、販売者側にもさまざまなメリットをもたらす、効率的な考え方です。

sub menu

2017年10月18日
商売で生き残るためのオムニチャネルを更新しました。
2017年10月18日
オムニチャネルについてよく知るを更新しました。
2017年10月18日
高齢者にもメリットが多いオムニチャネルを更新しました。
2017年10月18日
販売者側の効率が良くなるを更新しました。