高齢者にもメリットが多いオムニチャネル

new information

category

calendar

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

オムニチャネルがもたらした変化

「オムニチャネル」とは、自社で取り扱っている商品を流通させるために、実店舗での直接販売や、インターネットを通じての配達販売、事前決済をしてコンビニで受け取るタイプの販売方法など、ありとあらゆる流通経路(チャネル)を活用して、ユーザーに商品を届けるための手段を増やし、顧客のニーズの取りこぼしをなくしていこうとする考え方です。そのための代表的な施策として、「一元化」が挙げられます。
たとえば実店舗で今までに蓄積してきた顧客情報や、シーズンごとの売れ筋商品に関するデータを一元化し、インターネット販売を管理する部署とすべて共有します。そうすることによって、何らかの理由で実店舗に来店する機会がなくなった既存顧客に対し、地球上のどこからでも商品を購入できるインターネット販売の広告を発信したり、インターネット通販を利用している既存顧客の自宅近くに新規出店する店舗についての情報をダイレクトメールで発信したりして、ユーザーが自分に最適なチャネルを選び、積極的に自社の製品を利用してもらえるようなアピールをおこなうことができます。売る場所ではなく、売りたい顧客に着目するオムニチャネル化によって、マーケティングの考え方は日々変わり続けていると言えるでしょう。

オムニチャンネル化が利点になる業種は?

オムニチャンネルは様々メリットがありますが、オムニチャンネル化に向いてる業種とはどのようなものでしょうか。ここでは向いている業者の特徴について知りましょう。
向いている業種の特徴
は、投資規模の問題からオムニチャンネルにより投資に見合うような効果を得る事ができる規模の顧客を保有している事です。その事から今は既に全国に複数の店を持っている百貨店やコンビニなどの事例が多くあります。
また逆にネットだけで一定の規模を持つECサイトがリアル店舗を出すという例も多くなってきています。それから実店舗にわざわざ足を運ばせる価値がある業種も向いています。わざわざリアル店舗まで出向く事で顧客体験の向上に繋がり、顧客育成をする上で利点となる業者である事も大事です。例えばファッションブランドの業種などはいい例です。
実店舗において製品を見せたり、店員の接客を受ける事により購入意欲に火がつきネットでの購入率アップにも繋げる事ができます。
逆に実店舗に出向かない事が価値となる業種も向いています。今までリアル店舗で購入していた顧客をたくさん保有していて、そのような顧客に対してネットを使い買える事ができるようにする事が価値に繋がるような業種もオムニチャンネル化にする事でメリットを供給する事ができるでしょう。
例えばネットスーパーなら重い物を抱える事が難しい高齢者にはネットで物が買えるのは価値があります。

sub menu

2017年10月18日
商売で生き残るためのオムニチャネルを更新しました。
2017年10月18日
オムニチャネルについてよく知るを更新しました。
2017年10月18日
高齢者にもメリットが多いオムニチャネルを更新しました。
2017年10月18日
販売者側の効率が良くなるを更新しました。